西洋陶磁器骨董専門店アンティークアーカイヴ

HOME > マイセン > マイセン蓋付C&S「風景図」

品番 No. MC-12

作品名 

マイセン デミタス 蓋付C&S 「 風景図 」
制作年
1860年頃
価格
お買い上げ、有難うございました。
コンディション
よいコンディション 修復・ダメージなし 
サイズ
カップ直径約11cm ソーサー直径約5.7cm ミニサイズ

お問い合わせ
ご購入希望の方は先ずメールか
お電話でお問い合わせ下さい
アンティーク アーカイヴ
TEL 03-5717-3108






解説
マイセンのデミタスカップ&ソーサーです。
デミタスとしましたが、本作のサイズはさらに一回り小さなものです。薬に使ったとか、チョコレートカップ&ソーサーという説もあります。当時ホットチョコレートは非常に高価であり、そのカロリーの高さから病気の時の薬としても用いられていたそうなので、チョコレートに使われたのかもしれません。そう考えると、熱を逃がさないように蓋がついているのも納得できます。真相はわかりませんが、19世紀の人たちが本作をどのようにに使っていたかを想像する事はロマンチックです。

絵付けはC&S蓋共に窓絵の風景図です。マイセンでは風景というと「ネームドビュー名勝風景図」が有名ですが、本作には地名が記入されておらず、実在の風景かどうか分かりません。実在の風景でなければ「ネームドビュー」とは定義されないので、本作は「風景図」として扱います。

絵付けは見事です。ソーサーには山岳風景、カップには川あるいは湖の風景、蓋には村の風景が描いてありますが、それらのモチーフは互いに関連しており、作品としての主題性を感じます。それぞれの絵付けはクローズアップで写真を掲載しておきましたので、どうぞご鑑賞下さい。写真はルーペで拡大して見ているとお考え下さい。通常の鑑賞位置ではここまで近づく事はないと思いますが、実物を確認できないHP上では鑑賞の参考になると思います。現在のマイセンには見られない、正に細密画と言ってよいでしょう。油彩のような濃くのある彩色で、当時ドイツで流行していたロマン主義風の絵付けです。
極小さな作品にこれだけ雄大なスケールの絵付けするとは、当時の絵付け師は本当にすごいと思います。

コンディションはアンティークとして最高のレベルにあります。金彩もよく残っています。