西洋陶磁器骨董専門店アンティークアーカイヴ

HOME > マイセン > マイセン ボトル [アラベスク文様」

品番 No. MO-1
作品名 

マイセン ボトル 「エナメル彩 アラベスク文様」
紺地金彩
制作年
1870年頃
価格
申し訳ございませんが、売り切れました。
お買い上げ、誠に有難うございました。
コンディション
修復・ダメージなし
アンティークとしてよいコンディション
サイズ
高さ 約18cm

お問い合わせ
ご購入希望の方は先ずメールか
お電話でお問い合わせ下さい
アンティーク アーカイヴ
TEL 03-5717-3108






解説
マイセンのエナメル彩による装飾は、非常に珍しいものです。エナメル彩とは、所謂ガラス質の顔料に着色したものを絵の具として、磁器の表面に描くと言うより置いてゆくもので、焼き上げると水滴状に盛り上った装飾になります。透明感のあるものは、宝石のように見えることから、所謂「ビジュー」と呼ばれる事もあります。セーブルやコールポートなどのものは有名で、昔から驚くような高価な価格で取引されています。

マイセンでも19世紀の半ば頃には、この装飾技法の作品が作られていました。しかし、とても珍しいもので市場に出てくることは非常に稀です。それだけに、マイセンのエナメル彩色の装飾は極めて美しく、職人の丹念な仕事に感心させられます。これらがとても効果的に配され、地色のコバルトブルーと金彩と相まって素晴らしい装飾効果をあげています。エナメル絵の具が盛り上っているのがお分かりでしょうか?もちろん、それを縁取っている金彩も全て手描きです。

文様はアラビア風の唐草模様、所謂「アラベスク文様」です。西アジアへの輸出を意識して作られたか、あるいは特別のオーダーであったのでしょう。本作は香水瓶とされていますが、大きさからみてお酒や薬飲料をいれるボトルなのかもしれません。現に同じものを日本向けに徳利として販売していた例があります。
現在ではこのようなエナメル彩の作品は作られていません。マイセンの歴史の上からみても貴重で珍しい作品の例と言えます。

本体のコンディションはとても良いもので、時代を考えればベストと言えるでしょう。ダメージ・修復はありません。もちろんマークにスクラッチの無い一級品です。今後入手できる事はまず無いのではないでしょうか?自信をもってお勧めできる、価値ある逸品です。