西洋陶磁器骨董専門店アンティークアーカイヴ

HOME > マイセン > マイセンミルクピッチャー「花絵」

品番 No. MO-3
作品名 

マイセン ミルクピッチャー 「花束の絵付け」
紺地のボーダー 波の金彩  足つき
制作年
1890年頃
価格
申し訳ございませんが、売り切れました。
お買い上げ、誠に有難うございました。
コンディション
修復・ダメージなし
アンティークとしてよいコンディション
サイズ
ハンドルまでの高さ 約9cm

お問い合わせ
ご購入希望の方は先ずメールか
お電話でお問い合わせ下さい
アンティーク アーカイヴ
TEL 03-5717-3108








解説

マイセンの花束の絵付けのミルクピッチャーです。

マイセンでは定番の花束の絵付けですが、19世紀末独特の柔らかいタッチの絵付けです。この時代は印象派の画家ブラウンズドルフ教授が、マイセン付属素描学校で花絵付けを指導していた時代でした。従って後年の同じ花絵と比較すると、この時代の花絵は独特のタッチを持っている思います。好き嫌いはあると思いますが、個人的には香るようなこの時代の花絵は、マイセンの歴史の中でも最高のもものと考えています。一見ラフとも思えるタッチですが、実はこうした描法はとても難しいのです。本作における花絵のカテゴリーは所謂「様式的な花絵付け」ですが、自然主義様式のタッチに通ずるものがあります。

また、紺色のボーダーと金彩のカールトゥーシェ(ロココ風渦巻き文様)の窓絵もすばらしい装飾です。窓絵の中花もきちんと手抜き無く描かれていますね。これらはマイセンにおいて非常に高級なラインであり、本作が最高級のマイセン作品である事を示しています。もちろん金彩まで全て手描きである事は言うまでもありません。

フォルムも凝ったもので、植物をモチーフにした3本の足がついています。ミルクピッチャーを専門に集めているというコレクターも多いですが、こういったコレクターにとっては最終的なコレクションになるのではないでしょうか?

本体のコンディションは最高といってよいと思います。ダメージ・修復はありません。
マークは所謂ボタン剣です。もちろん、マークにスクラッチの無い一級品です。
自信をもってお勧めできる作品です。