西洋陶磁器骨董専門店アンティークアーカイヴ

HOME > セーブル > セーブルC&S「スミレ花綱」

品番 No. SC-2
作品名 

セーブルC&S「スミレのガーランド」
制作年
1815年頃
価格
申し訳ございませんが、売り切れました。
お買い上げ、誠にありがとうございました。
コンディション
修復・ダメージなし 
アンティークとしてよいコンディション
サイズ
カップの直径 7約
ソーサーの直径 約 14cm
お問い合わせ
ご購入希望の方は先ずメールか
お電話でお問い合わせ下さい
アンティーク アーカイヴ
TEL 03-5717-3108









解説


セーブルのC&Sです。
19世紀の前半に作られたもので、直線的なアンピール様式の器型です。

アイボリーのボーダーに、スミレの花輪が装飾として描かれています。ハート型の葉に濃い紫の色でスミレが描かれ、花の中心と葉の葉脈はホワイトエナメル彩で装飾されています。愛らしさと同時にセーブル独自の格調の高さを感じさせます。こうした軽やかで洒落た装飾はフランス磁器の特徴ですが、ヨーロッパの中でもマイセンですともう少し重くなるような気がします。また、金彩装飾にも、一部プラチナ彩があしらわれており、比較的単純な文様のであったも贅沢な作品であることがわかります。金彩も黄金色に輝き、美しいです。

マークから1814年~24年に作られたことがわかります(写真7.8)。通常はマークの中に製造年月日が示されるのですが、本作にはそれが無いため幅を持たせました。しかし、資料から1815年頃に作られたのではないかと推測しています。写真6)は1815年に描かれたカップの装飾のスケッチですが、本作の器型に多くの装飾がなされていた事が示されています。このスケッチの中に、本作の装飾は見られませんが、アイビーやレンゲのような植物文も見られることから、本作も同時期の作品と考えました。

時代を考えると、良いコンディションと言うことができます。セーブルのこの時代に作品によく見られる金彩のハゲもありません。スミレの花のひとつに僅かに色ずれがありますが、これは製造上のもので瑕疵とは考えていません。